中目黒ベースボール倶楽部~青春白球道~

中目黒ベースボール倶楽部~青春白球道~

出張専門野球塾

私の想い

中目黒ベースボール倶楽部 代表トレーナーの金谷です。 

私達中目黒ベースボール倶楽部では野球技術の向上を目指すのは当然ですがそれ以外の人間育成にも力を入れております。それは私の野球人生の中で得た大事なテーマで「元気、感動、仲間、成長、強さ、優しさetc…」を、モットーに指導させて頂くことが出来れば素晴らしい選手になると共に素晴らしい人間になれるはずだと確信しております。選手達が気力充実して翌日から元気に学校で先生や仲間達と過ごしてもらい、楽しく日常を過ごして貰えたら幸いです。

野球を一生懸命やりますが当然野球が全てでははないと思っています。野球を辞めてしまった選手がいても私はずっとその選手とその人生を、応援し続けます。

選手の、目指す未来に、一緒に寄り添えたら光栄です。その為のお手伝いや熱い指導をさせて頂いております。是非宜しく御願い致します。

中目黒ベースボール倶楽部代表トレーナー

金谷 和寛

代表トレーナー紹介

プロフィール
1977.5.13東京都江戸川区に誕生
1986.小学三年生で地元の少年野球チームに入団6年生最後のリーグ戦で優勝を飾る
1989.少年野球チームを卒団してすぐ地元のリトルリーグ入団
1990.早生まれのため一足早く地元のリトルシニアリーグに繰り上げ入団
1991.8 2年生ながら夏のベンチ入りメンバーに選出され、夏の全国大会準優勝に貢献、
1992.8 翌年前年のメンバーが多数占めており全国優勝するだろうと、騒がれたが結局全国ベスト8で敗れる。

1993.4.多数の私立強豪校に行けるチャンスを頂いたが、地元江戸川区の都立高を本気で甲子園に導きたいという強い想いがあったためチャンスを捨てて、都立高入学を決意する(この時私の人生がほぼ決定する事となる)しかし3年生の最後の夏チームの主将としてベスト8をかけた試合で負けて私の夢が敗れる
1997.8東都大学リーグの体育会準硬式野球部に8月から入部し早々の夏キャンプの紅白戦で初打席で本塁打を放ち鮮烈デビューを飾る。その後2年で主軸を任せられ、3年秋季リーグ戦で本塁打王獲得する
2001.3東京に本拠地を置く社会人クラブチームに所属、職業はスポーツインストラクター
都市対抗2次予選で強豪東京ガスに終盤追いつかれ惜敗
2006.10都内フィットネスクラブの経験を、経てパーソナルトレーナーとして独立し、
2002.パフォーマンスコーディネーターの資格取得、
2003.キネシオテーピングトレーナー取得
2010.◯ジョイトニングシステムトレーナー(連動関節運動指導士)取得
2014.ボディバランス活法整体取得
2017.上級救命救急技能(自動体外式除細動器業務従事者)2017.日本疼痛リハビリテーション協会認定セラピスト取得
2017.10中目黒ベースボール倶楽部代表トレーナーとなる
2012地元江戸川区と北区の草野球チームに所属
2019.現在、地元江戸川区の草野球チームで現役で活躍中




お問い合わせ 
kanayacom6@gmail.com



Copyright (C) 2017 nakameguro baseball club  All Rights Reserved.